Steamゲーム日記

Steamで発売されているゲームのプレイ日記・セール情報

Tales from the Borderlandsをクリアした

f:id:omoeraku:20200104093747j:plain

f:id:omoeraku:20200104093803j:plain

https://store.steampowered.com/app/330830/Tales_from_the_Borderlands/

https://steamdb.info/app/330830/

 

Borderlands作品のひとつで、Telltale Gamesによって開発・販売されている

アドベンチャーゲーム。Telltale Gamesらしく会話が中心で、時々選択肢や

QTEが出現する。それらの選択の中身によってゲームのシナリオは分岐し、

自分だけの物語を紡ぎだしてゆく。

 

日本語はなく、英語だけのプレイになる(2020/1)。

ADVだけあってテキスト量が膨大なので、有志による日本語化もなく、今後

も日本語化の出現は望めないかもしれない。

 

このゲームの時系列上の位置づけは、Borderladns2 DLC3とDLC4&Borderlands

The Pre-Sequelの間の話になる。

なお、Telltale Games閉鎖の影響かSteam上で販売されていない(2020/1)。

 

f:id:omoeraku:20200104095519j:plain

f:id:omoeraku:20200104095528j:plain

主人公はRythとFionaのW主人公。

 

RythはHandsome Jack亡きあとHeriosで働くHyperion社員。

宿敵 Hugo VasquezがRythの上司 Hendersonを蹴落としRythの上司になったことで、

一矢報いようと Hugo Vawpuezが行う予定だったVault Keyの取引の横取りを画策し、

取引費用の一千万ドルを横領、Pandoraへ降りる。

 

FionaはPandoraの詐欺師。

Hyperion社がVault Keyを探していたことに目を付け、Vault keyを偽造し、ギャング

のAugustへHyperion社への仲介を依頼する。

AugustとHyperion社の取引場所に現れたのはRyth。しかし、Vault HunterとBanditの横槍が入り、Rythが持っていた一千万ドルはBanditに奪われてしまう。

一千万ドルを取り戻すため、Ryth達と協力していくようになる。

 

場面によってRythとFionaの視点は都度変わり、物語が進行していく。

 

f:id:omoeraku:20200104101453j:plain

f:id:omoeraku:20200104101402j:plainf:id:omoeraku:20200104101601j:plain

f:id:omoeraku:20200104101604j:plain

f:id:omoeraku:20200104101427j:plain

ゲームはセリフと選択肢&QTEで進んでいく。

 

選択肢にはゲームに影響を与える選択肢と影響を与えない選択肢がある。

ゲームに影響を与える選択には、選択後画面左上に文章が出る。

選択肢によって影響がでるのは、好感度の上下とキャラの生死、話の分岐

に関わる。

好感度の上下では、最後のVault Monster戦へ参加を打診するキャラの可否

に関わってくる。なので重要なキャラクターの好感度は上げておく方がい

い。

 

QTEも重要なQTEと、重要ではないQTEがある。

重要ではないQTEはコマンド通りキーを入力しなくても、何事もなく物語

は進行していくが、重要なQTEで失敗するとキャラが死亡することもある。

 

日本語化されていないBorderlandsシリーズだが、重要キャラの死やHyperi

on社への影響を考えると、シリーズ内でも非常に重要な位置づけになるの

が本作なので、もし英語ができて、Borderlandsのストーリーを追いたいな

ら、ADVが苦手でもプレイすることをオススメする。

 

個人的にもわりと楽しめた作品だった。

 

f:id:omoeraku:20200104102518j:plain