Steamゲーム日記

ゲームのプレイ日記・セール情報

Crysis2をクリア

f:id:omoeraku:20210120230128j:plain

https://www.origin.com/jpn/ja-jp/store/crysis/crysis-2

 

Electronic ArtsのCrysisシリーズの二作目。

2011年発売とは思えない高グラフィックスを売りにした作品で、

箱庭型FPSとして人気を博した前作の直系的な続編となる。

 

Originでは日本語がサポートされていた。

また、2021年1月時点でSteamでもElectronic Arts製品の再発売が行われており、

これまでおま国だったゲームが購入できるようになっている。

 

f:id:omoeraku:20210120235002j:plain

f:id:omoeraku:20210120235018j:plain

Crysisは箱庭型のFPSになる。

オープンワールドと箱庭が違うのは、オープンワールドはその世界一つでゲーム

が完結しているのに対し、箱庭はステージの一つとして通常遊ばれる世界より大

きな世界を用意して疑似オープンワールド的な世界が遊べるゲームとなっている。

 

オープンワールドは世界の大きさを実感でき、探検する楽しみがあるが、反面そ

の世界の景色が大きく変わり映えすることがあまりなく、似たような世界が広が

る。

対して箱庭は、その箱庭自体がステージであるため、ステージごとに特色のある

箱庭を用意することができ、小さな疑似オープンワールドとして楽しむことがで

きる。ただ、箱庭は用意できる大きさにより戦術的な自由度が下がる。

 

f:id:omoeraku:20210123181510j:plain

f:id:omoeraku:20210123181528j:plain

前作は近未来的なFar cry1といった感じで、大きな箱庭を用意して好きな行動を

取ってプレイヤーに目標を達成させる自由度のあるゲームだったが、今作では

その箱庭がかなり狭められている。

それも少しだけ広い箱庭を用意するステージもあれば、かなり狭いステージも

ある。これはCrysis1における箱庭の大きさに魅力を持った人にはマイナスな面

かもしれない。

 

 

f:id:omoeraku:20210123213446j:plain

f:id:omoeraku:20210123213509j:plain

Crysisを特徴づける装備、ナノスーツは2.0となり機能が整備された。

マキシマム・パワー、マキシマム・アーマー、クローム、ナイトビジョン、

バイザーの5種。

マキシマム・パワーは通常状態、アーマーは戦闘時、クロームはスニーク時、

ナイトビジョンは暗闇の中で、バイザーは敵のいる場所に到着すると推奨す

る攻略方法やアイテムの場所を教えてくれる。

 

基本的にはアーマーで敵と銃撃戦を行うか、クロームでスニークを行うかの

二択の戦闘スタイル。

 

f:id:omoeraku:20210123222334j:plain

f:id:omoeraku:20210123222421j:plain

個人的なプレイスタイルは敵によって違った。

対人戦:スニーク中心でHGを使ってHSで対応

セフ:Mk.60 Mod 0やHMGで撃ちあう

 

最初はスニークを頑張ってたが、対人にしろエイリアンにしろ敵の数が

多く、スニークプレイに時間が掛かり面倒になったことで、割と突っ込

んで撃ちあうことが多かった。

 

個人的には映像は綺麗で、それほど難しくない、敵を避けて進むことが

できるので詰まることもない良作FPSという印象だった。

 

f:id:omoeraku:20210123222937j:plain

Assassin's Creed Syndicateをクリア

f:id:omoeraku:20210110131823j:plain

f:id:omoeraku:20210110122544j:plain

https://www.epicgames.com/store/ja/product/assassins-creed-syndicate/home

 

Assassin’s Creedシリーズの第9作目。

舞台は19世紀後半のヴィクトリア朝が舞台で、ロンドンでは産業革命とともに

テンプル騎士団の息のかかった者が労働階級を搾取し、資本集中が行われ街を

牛耳っていた。姉弟のアサシンであるジェイコブ・フライとエヴィー・フライ

はロンドンからの応援要請に勝手に応じて、ヘンリー・グリーンのもとへ出向

き協力してアサシン教団の勢力を伸長させることになる。

 

購入したのはEPIC Gmaes。

EPIC Gamesでは言語対応表示がないが、音声と字幕は日本語に変更が可能。

UIは英語だった。Assassin's CreedはUIが英語でも特に問題なくプレイできると

思う。

 

f:id:omoeraku:20210110131946j:plain

f:id:omoeraku:20210110130600j:plain

f:id:omoeraku:20210110131654j:plain

f:id:omoeraku:20210110223136j:plain

f:id:omoeraku:20210110223149j:plain

ゲーム内容は今までのシリーズと大きな違いがないが、プレイしてて実感とし

て前作までと比べ主に違うのと感じたのは以下の4点。

・W主人公制となっていること

・ロープランチャーが採用されたこと

・戦闘に手数が必要になったこと

・Unityに比べ難易度が下がったこと

 

W主人公制については、ミッション中を除きジェイコブ・フライとエヴィー・

フライをプレイヤーが自由に変更できる。サブミッションはどちらでもプレイ

できるミッションが多く、メインミッションは操作キャラが決まっている。

 

二人とも基本的な能力は変わらないが、取得できるスキルと持てるアイテム数

に違いが出る。ジェイコブ・フライは直接戦闘寄り、エヴィー・フライはスニ

ーク寄り。私のプレイスタイル的にエヴィー・フライを操作するのが好み。

 

f:id:omoeraku:20210110200409j:plain

ロープランチャーは、移動を補助する道具で狙ったところへフックを射出して

掛け、巻き取ることでフックを掛けた場所へ早く移動できるようになる。

上りだけでなく、平行移動や下りにも使える。

これがあるだけで建物の登攀や移動がかなり楽になる。

 

f:id:omoeraku:20210110213244j:plain

f:id:omoeraku:20210110213326j:plain

今作の戦闘では、敵を倒すのに手数が必要になる。

また、攻撃と防御を敵が行うので、敵の行動に合わせてカウンターとスタンを

行う必要がある。

 

また、前作Unityに比べゲームの難易度が非常に下がっている。

前作は敵が強いため囲まれると死にやすく、スニーク寄りのゲームスタイルに

なっていた。敵の配置が絶妙で、敵の感度を考えて敵を間引く戦術的な動きが

必要となっていたので難易度は高く面白かったが、今作では敵の配置も感度も

雑になっており難易度が低くカジュアルに楽しむことができるゲームになって

いる。

 

f:id:omoeraku:20210110221303j:plain

f:id:omoeraku:20210110221324j:plain

f:id:omoeraku:20210110221357j:plain

サイドミッションは過去作のAssassin's Creedと同じで、似たようなミッション・

収集物を水増ししている。特にギャングの陣取り合戦はひたすら似たようなミッ

ションを各地で行う必要があり飽きがくる。

ゲーム世界を楽しんでもらうために各地にミッションや収集物を設置しているの

だろうが、大半のプレイヤーはそれらをこなしているうちに面倒になるし、そも

そも散策するのが楽しい人は少数派だと思うがどうだろう。

個人的にはUnityをプレイしていて思ったが、重厚なサイドミッションだけに絞っ

てくれると嬉しい。

 

f:id:omoeraku:20210110222023j:plain

f:id:omoeraku:20210110222119j:plain

f:id:omoeraku:20210110222129j:plain

独立DLCの「切り裂きジャック」は本編の20年後を舞台にしている。

難易度としては本編とそれほど違いはない。

敵のパラメーターに恐怖が追加されたのは面白い試みだが、あまりゲーム上効果

的なものとは思えなかったのは残念。

あとサイドミッションも相変わらず本編と似たようなものばっかりでプレイする

気さえ失せる内容となっている。

 

あとプレイしていて気になったのは、バグの遭遇率が高かったこと。

ミッションが完了できなかったり、NPCが固まったり、操作を受け付けなくなっ

た。もう一つは相変わらずパルクール誤爆があること。

建物への侵入はキー一つで入れるようになっているのは良かった。

 

個人的にプレイスタイル、難易度としては前作の方が好み。

 

f:id:omoeraku:20210110223254j:plain

f:id:omoeraku:20210110223258j:plain

Mirror's Edge Catalystをクリア

f:id:omoeraku:20201226175611p:plain

f:id:omoeraku:20201226174901j:plain

https://store.steampowered.com/app/1233570/_/

https://steamdb.info/app/1233570/

 

Originで入手していたMirror's Edge Catalystをクリア。

 

Mirror's Edgeが出た当時はパルクールをアクションの主に置いたゲームというの

があまりなく、非常に珍しいジャンルだったが、パルクールが有名になるにつれ

パルクールを主としたゲームや、アクション要素にパルクールを取り入れたゲー

ムが増えてきた。

そんな中でも、やはりパルクールアクションゲームとして一定のファン層がおり、

Mirror's Edgeをプレイして面白かったので個人的にも楽しみにしていた続編だっ

た。

 

f:id:omoeraku:20201226180408p:plain

f:id:omoeraku:20201226180238p:plain

f:id:omoeraku:20201226180435p:plain

プレイしていて楽しかったパルクールアクションは健在。

スピードを落とさずに走り回れるのが楽しい。

ある程度はオブジェクトを赤く色づけするナビゲーション通りに移動すること

で遊べるゲームではあるが、ときにはプレイヤーが想像もしなかったルートを

移動してしまうこともあり、想像力がルートを発掘し、走ることが楽しくなる。

 

サブクエストに加え、タイムランや荷物の配達など様々なサイドクエストが存

在し、この世界を十全に楽しめるようになっている。

 

ナビゲーションが分かりずらく迷いやすいこと、ウォールランが発動しにくい

こと、無駄なサイドクエストが多いなど、プレイしていた短所と思うことはあ

るがパルクールアクションが好きならプレイして間違いない作品だと思う。

 

f:id:omoeraku:20201226181108p:plain

The Walking Dead: A New Frontierをクリア

f:id:omoeraku:20201205233746j:plain

The Walking Dead: A New Frontier on Steam

https://steamdb.info/app/536220/

 

日本語化

https://ux.getuploader.com/abcWD3/download/1

 

Season1はリーと庇護対象のクレメンタインの絆の物語。

Season2はクレメンタインの成長の物語。

Season3にあたる今作はグループと争いに主点を置いた物語。

クレメンタインはゲストキャラとしての登場となる。

 

パンデミックから4年経ち、ゾンビと隣り合わせの世界が日常となった中、

人々は個々または家族という集団から、より多きなグループに参加し

社会を形成するようになる。

人が集まれば権力争いや集団と集団の争いが発生する。

今作ではサバイバルだけでなく、人の関係を新しい主人公の目線から表現されている。

 

f:id:omoeraku:20201206000832j:plain

f:id:omoeraku:20201206162858j:plain

ゲームを始める前にいくつかの質問を選んでいけばSeason1、2でプレイヤーが

遊んだ結末をSeason3に反映させることができる。もちろん選ばなくても始められる。

もし選べば、ときどき挿入されるクレメンタインの閑話がSeason1と2の物語後の話

になるので、もし遊んでるなら設定することをおススメする。

自分はSeason2のラストがウェリントンへの入植を拒んで、ケニーと共に歩むエン

ディングだったので、その後を知りたくて設定した。

ただ、1・2の主要キャラだったケニーが意味もなく死んだのは残念だった。

 

f:id:omoeraku:20201206162938j:plain

f:id:omoeraku:20201206163029j:plain

主人公はスペイン系アメリカ人のハビエル・ガルシア。

兄に元軍人のデイビッド・ガルシア いる。

デイビッド・ガルシアは前妻との間に二子をもうけているが別れており、

後妻のケイト・ガルシアと結婚している。

 

パンデミックの夜、父親が癌により危篤状態であると聞いたハビエル・ガルシアは

実家へ向かっていたが父の死に目に間に合わなかった。

それをデイビッド・ガルシア が責めるシーンから始まる。

 

父親は死後ゾンビ化してしまい、母親の首筋に噛みつく。

負傷した母親をデイビッドが病院へ車で送り、デイビットとハビ、ケイト達は生き

別れてしまう。

ハビやケイト達は家でデイビット達の帰りを待つも、帰ってこないため安全を求め

て旅をすることになる。

 

f:id:omoeraku:20201206164707j:plain

f:id:omoeraku:20201206164726j:plain

f:id:omoeraku:20201206164805j:plain

会話による選択肢とときどき挟まれるQTEが中心となるアドベンチャーで、

会話の選択肢でどのような返答をするかで主人公に対する各キャラクターの印象は

異なっていく。ウソがバレれば嫌悪を、信頼すれば信頼してくれる。

 

基本的にはストーリーラインは一つだが、

行動によっては死ぬキャラクターが変わったり、結末が変わる。

ただ、分岐点はわりとわかりやすいため、自分が進みたい方向に進むことはできる。

 

f:id:omoeraku:20201206165337j:plain

f:id:omoeraku:20201206165434j:plain

f:id:omoeraku:20201206165519j:plain

個人的にはSeason1や2の方が好きだけど、

3は前作までと比べどうしようもない選択をする場面が増えていたので

話に引き込まれ、かつWalking Deadの世界を表していて良かった。

 

このシリーズを遊ぶときにはいつも言ってるけど、

やはり自分がプレイしたいようにプレイするのが一番だと思う。

自分が選び、選択を重ねてきた結果の結末こそがこのゲームの面白いところ

だから。

 

f:id:omoeraku:20201206170038j:plain

Assassin's Creed Unityをクリア

f:id:omoeraku:20201005223158j:plain

https://store.steampowered.com/app/289650/Assassins_Creed_Unity/

https://steamdb.info/app/289650/

 

Assassin’s Creedシリーズの第8作目。

Assassin’s Creedシリーズの中でパルクールシステムが何度か一新されているが、

この作品もそのシステム変更後の作品1作目になる。

 

日本語は標準で付いている。

 

f:id:omoeraku:20201006001239j:plain

f:id:omoeraku:20201025165304j:plain

f:id:omoeraku:20201025163244j:plain

f:id:omoeraku:20201025163336j:plain

舞台は18世紀後半、フランス革命中のパリ。

シリーズ第7作目のAssassin’s Creed RogueのED直前から始まる。

Assassin’s Creed Rogueの最終ミッションで暗殺したアサシン教団に所属する

シャルル・ドリアンの息子 アルノ・ドリアンが本作の主人公。

父親を殺されたアルノは、幼馴染のエリス・デ・ラ・セールの父親でテンプル

騎士団支部長のフランソワ・デ・ラ・セールのもとで育つことになる。

しかし、フランソワ・デ・ラ・セールもテンプル騎士団の内紛により凶刃に倒

れ、偶然その場に居合わせたアルノはバスティーユ牢獄に幽閉される。

バスティーユ牢獄で出会ったピエール・ベレックは、アルノが同じ教団に所属

していたシャルル・ドリアンの息子であると知り、アサシン教団に所属するこ

とを勧め、バスティーユ牢獄をともに脱出する。

フランソワ・デ・ラ・セールの殺人犯への復讐を目的にアサシン教団に入団し、

ピエール・ベレックのもとアサシンとしての技術を磨いたアルノは、アサシン

として活動する内にフランス革命で荒れるパリにおいてテンプル騎士団の内紛

の真相へ迫るようになる。

 

f:id:omoeraku:20201025163859j:plain

f:id:omoeraku:20201025164350j:plain

f:id:omoeraku:20201025164742j:plain

Assassin's Creed Unityは発売当時に不評だった。

高スペックが必要だったこと、バグが非常に多くシリーズの中でも低評価を受けた

作品でもある。

 

ゲームのシステムもRogueまでのシステムを一新している。

・フリーランは上下の方向を付けていて、自分の進みたい方向に応じて操作しない

 といけない。

・戦闘がカウンターだけでは倒せなくなっている。

・武器や防具の種類が増えて装備が店に行かなくてもでき、アップグレードできる

 ようになった。また、課金することで購入・強化ができるようになった。

・アサシンとしての能力も最初からすべて使えるようにはなっておらず、シークエ

 ンスの進行とシンクロポイントを消費することで開放されるようになっている。

・さらに大きな違いとしてマルチミッションが導入されており、同じミッションを

 オンライン上で複数のアサシンとプレイできる。

 

これだけを見ても今までマンネリ化していたアサシンクリードに変革をもたらす意

欲作であることがわかる。

 

ただし、この変更は一部が悪い方向に働いてしまう。

フリーランの改造は操作性の悪化に加え、操作の誤爆を生み。

アサシン能力の開放は縛りプレイをしているように感じる。

 

この改悪とバグにより作品の評価が低くなってしまう。

 

f:id:omoeraku:20201025171304j:plain

f:id:omoeraku:20201025171341j:plain

f:id:omoeraku:20201025171403j:plain

f:id:omoeraku:20201025171500j:plain

個人的には戦闘難易度の上昇に加え、マルチミッションの導入による難易度の上昇

は歓迎だった。

ひたすら無印から大なり小なりカウンターさえしてたら勝てた戦闘が、カウンター

だけでは勝てなくなった。

マルチミッションでは複数プレイヤー行動前提による敵の配置や行動による難易度

上昇で、ゲームとしてはやりごたえがあるゲームになっている。

 

プレイしたのが2020年に入ってからプレイしたため、

バグと遭遇したのは数回のみでいうほど気にならなかった。

特にフリーランの誤爆の多さには嫌になったが、個人的には嫌いになれない作品。

 

あとはフランス革命時のパリの雰囲気を感じられることが何より魅力を感じられる

作品であるし、アルノとドリアンに象徴されるように、アサシン教団とテンプル騎

士団が表裏の関係にある組織であることを表現するストーリーが増えてきているの

も良い。

 

f:id:omoeraku:20201025171559j:plain

f:id:omoeraku:20201025171617j:plain

BIOHAZARD RE:2 Z Versionをクリアした

f:id:omoeraku:20200930230045j:plain

CAPCOM:バイオハザード RE:2 公式サイト

 

バイオハザード2のリメイク作。

オリジナルからは色々と改変されており、オリジナルをプレイした人でも

懐かしさと目新しさを楽しむことができる作品となっている。

私自身はバイオハザードは7を除き、奇数タイトルしかしてこなかったので

リメイクとはいえ2は初プレイとなる。 

 

なお、グロテスクな表現の有る無しでCEROのレーティングが変わるため、

17歳以上のレーティングDと18歳以上のレーティングZのバージョン2種類が

存在する。

 

f:id:omoeraku:20200930230355j:plain

f:id:omoeraku:20200930230407j:plain

f:id:omoeraku:20201002000409j:plain

主人公はレオン・S・ケネディクレア・レッドフィールドの二人。

一部を除き同様のステージを攻略していくが、ストーリーは別物になる。

強力な武器が序盤で手に入るため難易度はクリスよりクレアの方が易しい。

 

また、一方のキャラでクリアすると、もう一方のキャラでセカンドシナリオ

をプレイできるようになる。セカンドシナリオはファーストシナリオと表裏

一体で、かつ難易度がやや上昇している。

 

私自身はレオン⇒クレアの順でクリアした。

 

 

f:id:omoeraku:20201004235357j:plain

f:id:omoeraku:20201004235436j:plain

f:id:omoeraku:20201004235611j:plain

プレイしていて感じたのは敵のタフネスが非常に高いこと。

頻繁に登場する通常のゾンビでもヘッドショットを何発も撃ち込まないと

倒れない。しかもそんなゾンビが空いた窓からわらわらと集まってくる。

 

初期バイオシリーズにおいて、序盤は銃弾の入手量が非常に乏しく、無駄

撃ちや敵全てを倒していると枯渇してしまうため、銃弾管理が必須になる。

今作においても、この敵のタフネスさにより1体倒すだけで銃弾を結構な

量消耗するためより銃弾の管理は大切となる。

個人的にプレイしていて銃弾の量が厳しいと感じたのは、G第1形態を倒す

まで。館内どこに行ってもゾンビがいる状態で進め、G第1形態との戦闘を

乗り切った後は銃弾がほぼ底をついていた。

 

f:id:omoeraku:20201005000534j:plain

 

f:id:omoeraku:20201005000630j:plain

f:id:omoeraku:20201005000613j:plain

中盤以降は不死身のタイラントが登場することで、タイラントから逃げる

ことが第一優先となり、ゾンビとまともに係り合うこともなく傍を通りす

ぎるか、威嚇射撃をしたあと無視するだけの存在になるので、銃弾をまと

もに使用する場面が序盤より減り、銃弾管理が甘くても問題なく進めるこ

とができる。

また、中盤以降に出てくる新しい敵でまともに倒すのもゾンビ犬とイビー

ぐらいになり、あとは素通りするだけの障害物と化してしまう。

 

f:id:omoeraku:20201005001425j:plain

f:id:omoeraku:20201005001449j:plain

オリジナルではどうかわからないが、レオン編・クレア編ともにパートナー

を操作する箇所がある。レオン編はハッキングツールを有すエイダを操作し

ややパズル色の強いステージになり、クレア編は無力な少女のシェリーを操

作しややスニーク色の強いステージになる。

個人的にはスニークが好きなのでシェリーを操作しているときは楽しかった。

 

f:id:omoeraku:20201005001835j:plain

f:id:omoeraku:20201005001920j:plain

f:id:omoeraku:20201005001959j:plain

もちろんレオンとクレアでラスボスも異なってくるし、セカンドシナリオでは

ファーストシナリオのエンディングのあとが描かれていて、ラスボスのG第5形

態が登場する。このG第5形態を倒すことでゲームクリアとなる。

 

なお、ファーストシナリオ:クレア、セカンドシナリオ:レオンが正史らしい。

 

周回が前提になっている作品だというのもあるだろうが、5時間~6時間でク

リアできるのでボリューム不足ではあったが、プレイしていて面白い作品だっ

た。怖くなかったためホラーとしてはマイナスかな。

あとは、さすがに3週目はやる気になれないゲームでもある。

 

f:id:omoeraku:20201005003050j:plain

f:id:omoeraku:20201005003036j:plain

f:id:omoeraku:20201005003032j:plain

UNTIL DAWN -惨劇の山荘-をクリア

f:id:omoeraku:20200921222303j:plain

f:id:omoeraku:20200921223120j:plain

Until Dawn - 惨劇の山荘 - | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

PS4専用ホラーアドベンチャーゲームUNTIL DAWN -惨劇の山荘-をクリア。

雪山の山荘に閉じ込められた8人の男女が殺人鬼から狙われる話。

シーンにより異なるキャラクターを操作して、プレイ上での選択がほかの

キャラクターや今後の展開に大きな影響を与えるバタフライエフェクト

ステムを導入している。

 

f:id:omoeraku:20200930000221j:plain

f:id:omoeraku:20200930000255j:plain

f:id:omoeraku:20200930000301j:plain

f:id:omoeraku:20200930000305j:plain

f:id:omoeraku:20200930000309j:plain

f:id:omoeraku:20200930000313j:plain

f:id:omoeraku:20200930000317j:plain

f:id:omoeraku:20200930000322j:plain

キャラクターは上記画像の8人。

作中の登場順でサム、クリス、ジェス、エミリー、マット、マイク、アシ

ュリー、ジョッシュ。それぞれのキャラには性格的長所と短所が備わって

いる。それぞれ操作することになるが、操作場面が多いのはサムとマイク。

 

f:id:omoeraku:20200930003725j:plain

f:id:omoeraku:20200930003129j:plain

f:id:omoeraku:20200930003140j:plain

操作はアドベンチャーパートとアクションパートに分かれる。

アドベンチャーパートはややパズルゲームっぽく、周囲を探索し、アイテ

ムを入手し、アイテムを使用することでストーリーを進めていく。

アクションパートはQTEが中心となる。殺人鬼からの逃走、追跡時などは

随時QTEが発生し、失敗すると時にはキャラクターが死亡してしまうこと

も。

 

また、キャラクターを操作中、随所に選択肢が出現し、その選択で異なる

ストーリーが展開される。特にバタフライエフェクトシステムという名の

死亡フラグがキャラクター別にあちらこちらに潜んでいるため、間違える

と取返しが付かなくなってしまう。

対策としては、道端に落ちているトーテムを参考にするか、基本的に善人

として行動していると最悪の展開は避けられるようになっている。

 

f:id:omoeraku:20200930003930j:plain

この作品で最大の問題点は、

 8人の男女の生死が表現されるため、展開によっては登場キャラクターが

死んでしまう。その際にグロテスクな表現がされるが、国内発売は表現規

制により過度な表現には上の画像のように画面を真っ黒に塗りつぶしてい

る。画面が真っ黒な状態でキャラクターの声だけが聞こえるので、場面に

よっては何が起きてるのか全く分からない場面もある。

 

この表現規制は発売当時非常に批判受けたらしい。そのためゲーム業界で

表現規制の方法を模索することになった。

そういった点でPS4史上では重要な転換点を担ったゲームになる。

 

ただ、上記の表現規制のおかげでこのゲームの評価は散々なものになって

いる。

 

f:id:omoeraku:20200930004048j:plain

f:id:omoeraku:20200930004106j:plain

f:id:omoeraku:20200930004155j:plain

色々と問題点がある本作だが、面白くない作品というわけではない。

ドラマのような構成で、1話ごとに盛り上がる場面を用意している。

スピーディーな場面も多く、プレイしていても時間が過ぎるのが早い。

ホラーとしては物足りないが、ホラー風のアドベンチャーとしてみれば

悪くないと思う。

 

個人的には、殺人鬼の正体判明⇒ウェンディゴ登場という流れは必要な

かったと思うが…。単純なストーリーにしたくなかったんだろうけど。

 

一般的に言われるほど悪いゲームではなく、

表現規制による犠牲により真っ当に評価されなかった作品だった。 

 

f:id:omoeraku:20200930011132j:plain

f:id:omoeraku:20200930011136j:plain

f:id:omoeraku:20200930011141j:plain

f:id:omoeraku:20200930011145j:plain

f:id:omoeraku:20200930011148j:plain

f:id:omoeraku:20200930011154j:plain

f:id:omoeraku:20200930011158j:plain

f:id:omoeraku:20200930011203j:plain