Steamゲーム日記

Steamで発売されているゲームのプレイ日記・セール情報

Napoleon Total Warをプレイ

f:id:omoeraku:20170818144522j:plain

http://store.steampowered.com/app/34030/Napoleon_Total_War/

https://steamdb.info/app/34030/

 

SEGAの有名IPであるTotal Warシリーズの第六作目。

続編になるにつれ時代が下っていき、今作ではフランス革命後のナポレオン

を皇帝とするフランス帝国が存在する18世紀後半の近代が舞台。

ゲームの題名通りナポレオンをフューチャーしている。

 

日本語化は可能。

日本語化(Napoleon) - Japan: Total War

Wikiにあるファイルを適用させるだけ。完全には日本語化はされていないが、

プレイには支障がなく、英語は固有名詞で幾つか残っているぐらい。

 

f:id:omoeraku:20170818150214j:plain

f:id:omoeraku:20170818150353j:plain

f:id:omoeraku:20170818150239j:plain

f:id:omoeraku:20170818150254j:plain

f:id:omoeraku:20170818150312j:plain

f:id:omoeraku:20170818150323j:plain

f:id:omoeraku:20170818150408j:plain

シングルプレーは以下の6種。

チュートリアル

  そのまま、戦闘・キャンペーンの解説を兼ねたチュートリアル。なお、

  キャンペーンのチュートリアルは下記のナポレオンキャンペーンになる。

・ナポレオンキャンペーン

  ナポレオンの生涯をコルシカ島出立からフランス帝国の皇帝までの4

  時代に区切って遊ぶことが出来るチュートリアルキャンペーン。

  チュートリアルとはいえ、最後のヨーロッパキャンペーンは大同盟キャ

  ンペーンとほぼ遜色のない内容で遊ぶことが出来る。

・ナポレオンの戦闘

  ナポレオンが戦った歴史上の戦いを再現している。クリアしていくごと

  に遊べる戦闘が増えていく。

・大同盟キャンペーン

  対仏大同盟を舞台にしたキャンペーン。ヨーロッパを舞台としているが

  操作できるのはイングランドオーストリアプロイセン・ロシアの4

  カ国のみ。

イベリア半島キャンペーン

  DLCを購入すればプレイできるキャンペーン。フランスに征服された

  状態のイベリア半島イングランドの助けを得て、ポルトガルとスペイ

  ンがフランスへ反攻するキャンペーン。

・戦闘をプレイ

  好きな設定で戦闘を楽しめるゲームモード。

 

f:id:omoeraku:20170818164653j:plain

オンラインは今までプレイしたTotal Warシリーズの中で一番人が少ない。

オンラインができたらいいなぐらい。

 

f:id:omoeraku:20170818165013j:plain

以下、大同盟キャンペーンについて述べる。

前作のETWは欧州だけでなくアメリカ大陸東部+インドが舞台だったが、今作

はヨーロッパのみとなっている。さらに様々な国々が割拠していた前作と違い、

今作はフランス・イングランドオーストリアプロイセン・ロシアの大国同

士の戦いが主となっているため外交や戦略を立てて楽しむよりは物量で圧殺す

る大味なゲーム展開が多い。

小国から大国へ成り上がる、または小国で大国に対抗して楽しむプレイが好き

な人には今作はあまり合わないかもしれない。個人的にもETWの方が好みかな。

 

ナポレオンがフューチャーされているだけにナポレオン無双ゲーと化している。

ナポレオンキャンペーンでフランスを操作すればナポレオンが無双して街を凄

いペースで落としていく。

敵に回せば少なくとも倍以上の兵力でナポレオンをタコ殴りしないと対応でき

ない。しかも、ナポレオンは戦闘で倒そうが暗殺しようがフランスを滅亡させ

ない限り不死鳥のように甦ってくるので性質が悪い。

ロシア以外の勢力でプレイするときは真っ先にフランスを滅亡させないとジリ

貧になってしまう。

 

f:id:omoeraku:20170818170149j:plain

f:id:omoeraku:20170818170151j:plain

ゲームのシステムは前作のETWとほぼ変わりないが、一番の違いは補給による

兵力補充がシステム化されたこと。

前作までは兵力が減ったら金で兵力を補充していたが、今作ではそれに加えて、

補充によって兵力が回復するようになった。スタック内に将軍がいれば自国内

であればどこでも補充を受けることができ、将軍がいない場合は拠点に配置す

ることで補充の恩恵を受けることができる。

この補充は最初はどの国でも補充率が低く、消耗した兵力を回復させるには数

ターン以上必要になるが、技術の開発、補給所やインフラを整えることで補充

率が上がっていく。

 

個人的にはこの補充システムは兵力ユニットの濫造を抑え、大規模戦闘の濫造

を抑えるシステムとして成功していると思われ良かった。

とくに兵力の維持費が若干高くなっていることもあり序盤は軍事費が嵩みやす

い。無計画に軍事力を増大させていけば一気に財政難へと陥る。効率的な運用

には補充が必須であり、大規模戦闘が起こった後も兵力の補充が完了するまで

の空白期間が生まれる。

ただ、人によっては待つというターンが増えるのでまどろっこしく感じるかも

しれない。

 

f:id:omoeraku:20170818175659j:plain

f:id:omoeraku:20170818175941j:plain

イベリア半島キャンペーンはフランスVSイングランド・スペイン・ポルトガル

 

フランスでプレイするなら、兵力が少なく資金がカツカツな割りに領土が広大で、

いかに損切りとケアをしつつ兵力再編するかが鍵となる。序盤は敵に領土を切り

取られ放題。

イングランドその他は効率的にフランスから領土を奪いつつ、フランスが強大な軍

事力で押してくるまでに兵力を整える必要がある。

一見領土が少ないイングランド等側の方が難しいように見えるが、最高難易度でプ

レイするなら守勢のフランス側の方が序盤のやり応えはあると思う。

 

 

f:id:omoeraku:20170818181238j:plain

f:id:omoeraku:20170818181246j:plain

f:id:omoeraku:20170818181303j:plain

システムに若干の改良が加えられていたとはいえ、基本的にはETWのまま

となっているので、ETWの拡張パックという巷での評価は正しいように思

われる。

ゲームとしてはナポレオンというアクセントがあるが、大国VS大国の大味

な物量戦が序盤から展開されるため戦略を立てて楽しむゲームというより

は、効率的に敵を圧倒していくゲームだった。

あと最高難易度でプレイしても難しくなかった。ぶっちゃけナポレオンの

ケアさえ出来れば勝てるゲームで、フランスさえ落してしまえば勝利は確

定したようなもの。

楽しめたのは楽しめたが、上にも書いたように個人的にはETWの方が好き

かなぁ。

 

f:id:omoeraku:20170818181335j:plain